趣味のページ


by yuutiharu

<   2012年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

波の伊八 房総の花摘み

鴨川市の波の伊八(本名 武志伊八朗信由)
宝暦2年(1452)安房の国に生まれ、安房 上総 江戸 相模の広い地域の寺社を飾る彫刻を手掛けた彫物大工で、5代続いた「伊八」の初代 特に「波に竜」「波に犀」など竜や犀に配された波の表現が作品の年代によって進化している様子が、鴨川市郷土資料館に展示されている作品より比較してみる事が出来る。今にも砕け散りそうな波、彫刻の中からおどり出しとびかかってきそうな迫力の竜、波の伊八はまさに郷土の誇りである。
倶利伽羅竜(大山寺蔵)
不動明王の宝剣に絡みつきそれを飲み込もうとする竜
f0069723_964016.jpg

波に犀(個人の住宅の仏壇のために制作されるた物) 
波の部分の拡大
f0069723_85515100.jpg

犀の部分の拡大
犀は麒麟と混同されることが多いが、麒麟は天駆ける霊獣であるため雲とともに表現されるのに対し犀は背中の甲羅と頭の角と顎のひげを備え波間を駆ける姿で表現される(鴨川市郷土資料館館パンフレットより)
f0069723_850489.jpg

南房総市千倉町のお花畑
f0069723_1862542.jpg

f0069723_1872744.jpg

[PR]
by yuutiharu | 2012-03-30 08:53